新着情報

うにむらかみ函館駅前店 12月3日(火)オープン

1.はじめに<当店の特徴>

  1. 北海道のウニ加工会社直営の専門店です。
  2. 1年中、新鮮な生ウニをお出しします。(漁獲時期により、産地が異なります。)
  3. 保存料を使わずに、無添加の生ウニをお出しします。
  4. ウニの旨みを引き出す数々のウニ料理をお召し上がり頂けます。

2.むらかみのウニ料理

無添加生うに丼
無添加生うに丼
石焼きうにごはん
石焼きうにごはん
うに入り嶺岡豆腐
うに入り嶺岡豆腐
うに三色天婦羅
うに三色天婦羅
刺身盛り合わせ
刺身盛り合わせ
握り5貫
握り5貫

3.美味しさの理由

 「ウニ」は殻から身を外すと溶け始めます。そのため、「ミョウバン」という保存剤を使い溶けるのを防ぎます。
しかし、「ミョウバン」は形崩れを防止しますが、ウニ本来のとろける食感が失われ、特有の渋みも舌に残ります。

 当店の「ウニ」は、長年の研究による独自加工法によりミョウバンを使わない無添加ウニです。
ですから、ウニ本来の旨さを召しあがっていただくことができます。


  • ミョウバンを使わない独自の加工技術
  • 鮮度と旨味の絶妙なタイミングでテーブルへ

4.「ウニ」の豆知識

「ウニ」は世界で約800種以上、日本では180種ほどが生息しています。
その中で7種が「ウニ漁」の対象です。

※当店でご提供しているウニは「北ムラサキウニ」と「エゾバフンウニ」です。

「ウニ」は昆布の生息する場所の栄養を取るため、昆布エリアに生息します。
北海道周辺は昆布の産地です。利尻昆布、羅臼昆布、日高昆布は有名です。

「北海道のウニ料理」で使われるのは、エゾバフンウニ(ガンゼ)の赤ウニ、北ムラサキウニ(ノナ)の白ウニです。

当店では主に北ムラサキウニをご提供しております。
10月~4月頃までの冬の間は、北方四島(ロシア産)のエゾバフンウニの場合もございます。
6月中旬~8月末までは利尻、礼文産のバフンウニも限定メニューでご提供しております。

左:エゾバフンウニ、右:北ムラサキウニ

5.店舗情報とアクセス

うにむらかみ函館駅前店

北海道函館市若松町7-1
TEL:0138-24-8500
昼|11:30a.m.~3:00p.m.(L.O. 2:15p.m.)
揚げ物・焼き物 L.O. 2:00p.m.
夜|5:30p.m.~10:00p.m.(L.O. 9:15p.m.)
揚げ物・焼き物 L.O. 9:00p.m.
定休日:日曜日/年末年始(12/30~1/4)
(翌日月曜日が祝日の場合は日曜営業・月曜休み)
予約について・ランチ:席の利用は1時間
・ディナー:席の利用は2時間
・2ヶ月前から予約可能

※当日のコース料理のキャンセルにつきましては、キャンセル料としてコース料理の全額御負担頂きますので、ご注意下さい。

<使えるクレジットカード、モバイル決済>
銀聯、VISA、JCB、Master、Amex、Diners
銀聯 visa JCB master Amex Diners
WeChatPay、ALIPAY
微信支付(WeChat Payment) ALIPAY

<アクセス>

  • 函館空港→函館駅前 バスで約20分
  • 函館駅より徒歩5分

6.姉妹店の紹介

うにむらかみ函館本店

うにむらかみ函館本店 詳しくはこちら

うにむらかみ札幌店

うにむらかみ札幌店 詳しくはこちら

お問い合わせ