2日間のおすすめコース ticket

おすすめ2日間コース
2日間のおすすめコース

1日目:ホーストレッキングと森町散策
タイムスケジュール ※2020年3月現在の情報です
07:50 函館駅で「はこだて旅するパスポート」購入
08:17 JR函館駅発 09:37 駒ヶ岳駅下車 09:40 送迎車で駒ヶ岳裾野をホーストレッキング
11:00 送迎車で森町へ  11:15 いかめし工場見学 12:00 森稲荷神社 12:30 森稲荷神社 
13:00 ミシュラン掲載店で寿司体験
函館駅へ戻る <特急料金追加> 森駅発 15:17(特急北斗12号)16:05 函館駅下車
       <普通列車> 森駅発 16:07(函館行き普通列車)17:42 函館駅下車 
16:10 青函連絡船摩周丸見学
その他  
函館八幡宮、金森レンガ倉庫、人気のしゃぶしゃぶ店、函館ラーメンにも行きました。

2日目:縄文文化センターと鹿部町散策
タイムスケジュール ※2020年3月現在の情報です
07:25 バス 函館駅6番のりば発 08:38 南茅部支所下車
08:40 南茅部支所発 08:53 臼尻小学校前下車 徒歩約10分 09:03 縄文文化センター見学
11:50 バス 臼尻小学校前発 12:17 鹿部道の駅下車 浜の母さん食堂/足湯/間欠泉/蒸し料理
15:02 鹿部道の駅発 15:07 鹿部神社前下車 鹿部神社参拝、見学
16:16 鹿部神社前発 16:32 鹿部駅前下車
16:42 JR鹿部駅発(函館行き普通列車) 17:42 函館駅下車
18:00 市電 函館駅前発 18:05 十字街下車 徒歩約10分でロープウェイ山麓駅
18:15頃(約10分間隔) ロープウェイ山麓駅発(乗車3分)山頂駅下車(パスで2割引きになります)
19:15頃(約10分間隔) ロープウェイ山頂駅発(乗車3分)山麓駅下車
19:35 市電十字街発 19:41 函館駅前下車
20:00 夕食 毛ガニの茹で上げ
その他
ひろめ荘、湯倉神社、トラピスチヌ修道院、元町エリアにも行きました。

函館市内は観光地や地元の人と触れ合う場所がたくさんあります。これには「バスと市電が乗り放題の函館1日パス」がお得です。
広域に動くなら「今回のはこだて旅するパスポート」がお得です。

1日目は北海道の旅の楽しみである
「ホーストレッキング&グルメ体験」を楽しみます!
JR hokkaido 今日は駒ヶ岳の近くで乗馬にチャレンジします!

8時18分函館駅発のJR(なんと1両編成)。綺麗な大沼と駒ヶ岳を目の前に電車は進みます。JR駒ヶ岳駅下車。駒ヶ岳の山裾の乗馬コースを体験する「サニーズステーブル」さんが駅まで迎えに来てくれます(要予約)。

サニーズステーブル 乗馬 サニーズステーブル

ホーストレッキングはスポーツだよ。自分の姿勢と重心移動と手綱の引き具合、それと馬を思いやる気持ちがあれば馬はちゃんと動いてくれる。と、お勉強。が、乗ったら、いきなり、さ、山に向かって出発だ!。戸惑ったのは最初だけで、あれ?ちゃんと進んでるよ。起伏の激しいコースを約70分進みます。

サニーズステーブル 乗馬

コチコチに体が硬くなっている姿

サニーズステーブル 乗馬

どうでしょう? なかなか様になってきたでしょ。楽しくなってきました。

サニーズステーブル 乗馬

上り下りの急勾配のある道を進みますが、景色を見る余裕も出てくるから不思議です。馬の上からの景色は普段と違い、「広い」のです。しかも、駒ヶ岳の広い裾野と海が見える景色。綺麗です。冬もやっているそうです。雪原を進むのもいいですね。

サニーズステーブル 乗馬

あっという間に、90分コースを終えました。手ぶらでOK。帰りは森駅まで送ってくれました。ありがとうございました。一年中乗馬出来るそうです。

森町のグルメと散策が楽しい!
森町、阿部商店のいかめし 森といえば「いかめし」。全国の有名駅弁大会で何度もNO.1になった人気の駅弁です。

森の「いかめし」の元祖である「阿部商店」の工場を訪問して、作り方や誕生の秘話を伺いました。小ぶりのスルメイカに洗ったもち米とうるち米の混合米を、イカの縮みと米の膨張を加減し適量を詰め、独自のタレ汁で味付けして煮込んだもの。食感と味と量が適度で人気に。今は、駅弁として森駅で販売するよりも、全国の駅弁大会や物産展での販売が主とか。

焼きたてパンのチロルの森 焼きたてパンの「チロルの森」で美味しいパンに出会いました。

森町の、のんびりした商店街をブラブラ、美味しそうな香りにつられ、チロルの森のパン屋に寄りました。
焼きたてのパンは人気で、丁寧に焼かれたパンが並んでいるはずが、残念ながらちょっと遅くて、もうあまりない(泣)。
店員さんのオススメのパンを6個も買っちゃいました。フワフワで暖かい。おいしーっ!日本のパンはどうしてこんなに美味しんだろう?

森町稲荷神社 森町稲荷神社 森町稲荷神社で弓矢実演! もりまちマンホール発見!

神社に向かう参道を歩いてると、マンホールの絵が「駒ヶ岳と桜」で感動。こういうのはおしゃれです。
森町稲荷神社をお参り後に御朱印を頂きました。宮司さんにお願いし本殿を拝見。天井に矢が刺さっているのをお聞きすると、祭事の最後に矢を撃ってお祓いする儀式があるとのことでした。そのあと、枝の先を削って矢にし、実際に撃ってくれました。凄いサービス精神。

xix情報:3255 森町稲荷神社

握り寿司の真岡(MAOKA_SUSHI) 森町にはミシュランに掲載された寿司店が3店もあるグルメな町なのです

森町は、水産資源の豊かな内浦湾に面しており、年中、旬の魚介類を美味しく食べられる海鮮料理が有名。今回は、ミシュラン掲載店の「握り寿司の真岡(MAOKA_SUSHI)」で、太巻き寿司体験と大将と息子さんの握りを食べさせていただきました。

握り寿司の真岡(MAOKA_SUSHI)

花模様の太巻き寿司の作り方を分かりやすく教えて頂きました。簡単で、とっても可愛く出来たので、友達に教えてあげたいです。

握り寿司の真岡(MAOKA_SUSHI)

体験の後に大将の美味しい握り寿司と初体験の抹茶をご馳走になりました。嬉しくて私がお店の様子をSNSで発信したら盛り上がりました。大将も息子さんもニコニコと優しくてとても楽しかったです。美味しかったです。
この後、「特急北斗」で函館に戻りました。
「特急」には自由席特急券を追加すれば乗れます!!

おすすめは「摩周丸(MASYU_MARU)」からの景色。
摩周丸(MASYU_MARU) 海上展望台「摩周丸(MASYU_MARU)

青函連絡船「「摩周丸(MASYU_MARU)」は、北海道と本州を結ぶ「貨物船+客船」です。 北海道内から函館港に貨物列車で運ばれた荷物を、貨車ごと連絡船の車両甲板に乗せます。 津軽海峡を船上運搬後、青森港で再び貨車ごと線路に戻し貨物列車として荷物を運びました。 まさに、この場所が、北海道の玄関口だったのです(荷物も人も)。

摩周丸(MASYU_MARU)

元船員の方の説明は、やはり説得力がさすがです。リアルで迫力があり面白かった! モールス信号やロープワークの体験も楽しかったです。
甲板に出るとすっかり暗くなっていましたが、函館山、函館港、そして街並みが綺麗。ここは海上展望台です。この風景は、ここだけの風景です。
青函連絡船「摩周丸(MASYU_MARU)」
入館料 500円(4月~10月は8:30a.m.~6:00p.m. 11月~3月は9:00a.m.~5:00p.m. いずれも閉館1時間前までに入館)
xix情報:3015 函館市青函連絡船記念館 摩周丸

こんなところもあります。
函館八幡宮 函館八幡宮 御朱印 函館八幡宮参拝

市電に乗って谷地頭へ。北海道開拓最初の地、開拓使が置かれた函館を守った函館八幡宮を参拝しました。2つの神社の社務所なので御朱印も2つ。宮司さんのお話は、とても勉強になりました。そしてとても面白かったです。

xix情報:3008 函館八幡宮

しゃぶ匠のしゃぶしゃぶ しゃぶ匠(しょう)

人気のしゃぶしゃぶ店(食べ放題)が美味しかったです(北斗市上磯地区)。

西園の塩ラーメン 函館塩ラーメンの老舗

函館山の麓(末広町)にある函館ラーメンの老舗店「西園(SAIEN)」で塩ラーメンを食べました!なんと600円



2日目 少し遠出して縄文文化に触れてきました。
函館市縄文文化交流センター 「世界文化遺産候補地」のひとつ縄文遺跡群で「縄文文化」にふれる

今日は北海道の旅の楽しみの一つである「縄文文化」の見学をします。道南は、北海道開拓のスタート(明治の開拓)の場所であるとともに、日本の古代、縄文文化の時代の遺跡群が大量発掘されている場所でもあります。大船遺跡などたくさんの遺跡が発掘され、青森県の三内丸山遺跡に繋がると考えられている貴重な場所で、「世界文化遺産候補地」なのです。ここには、北海道でたった一つの国宝=「中空土偶」が展示されています。

函館バス

函館駅前から、「函館市縄文文化交流センター」にバスで行くために、悠悠北海道のスマホサービス「xix」とGoogleMAPを使って、路線検索しました。
どうやら、函館バスを乗継ぐようです。
1)函館駅前バスターミナル 6番乗場から朝7:25分発 99A 系統に乗る
2)南茅部支所(みなみかやべししょ)で降り、8:40発の鹿部駅行きに乗り換えます(降りたバスの後ろ側に鹿部行きのバス停がありました)
3)臼尻小学校前で降りて、徒歩10分
4)9時頃に「函館市縄文文化交流センター」に到着。
バス本数の少ない、見知らぬ土地は、私にとっての大冒険です。でも、これは面白い!

函館市縄文文化交流センターへ行くバス

臼尻小学校前で降りた時に、次の鹿部行きのバスの時間をチェックしておきます。時間たっぷりあります!

函館市縄文文化交流センター 函館市縄文文化交流センター

函館市縄文文化交流センターの太田さんに館内を丁寧に案内して頂きました。
この場所は近くに温泉が出ることもあり北海道としては温暖で雪も少なく、川から流れる栄養が海に流れることで魚介類が豊富。なので、人が住みやすかったようです。人が住む自然の恩恵のある場所。この近くで発掘された土器類、鏃、釣り針や貝塚の様子、地層など展示品が多く、その中に、中空土偶が展示されていました。

函館市縄文文化交流センター カックウの素焼き体験 素焼き体験!

体験メニューがたくさんあってどれにしようか悩みます。30~90分(200円~500円)でできます。
今回は、中空土偶(別名:カックウ)の顔作りに挑戦しました!仕上げは、完全に乾いてから自宅のオーブンで焼きます。そのまま持ち帰えります。
xix情報:3018 函館市縄文文化交流センター

縄文遺跡

「浜の母さん食堂」が美味しすぎます!
しかべ間歇泉公園 浜の母さん食堂 道の駅 しかべ間歇泉公園の「浜の母さん食堂」と「蒸し料理」どっちも食べてみたい!

鹿部町は、内浦湾に面した漁業と100度の高温泉が出る北海道屈指の温泉の町です。鹿部町の道の駅には、間欠泉公園が隣接し、高温泉を利用した「蒸し料理」を体験できます。
びっくり「浜の母さん食堂の鹿部プレミアムたらこ御前」は、たらこがはみ出てます。毎日、旬の魚が変わるそうで、今日は、黒そいの煮付け。美味しいよ〜!

しかべ間歇泉公園の足湯

間欠泉は、約15mの高さで、10分に1回 自噴します。ファミリーやカップルなどからも人気のスポットです。
公園内に噴き出した温泉を利用した足湯もあります。なんとこの時、偶然居合わせた「函館新聞の取材」を受けました!日本の新聞デビュー!

しかべ間歇泉公園の蒸し料理 蒸し料理にも挑戦しました。

道の駅の冷蔵庫に、肉や野菜、貝や卵、お饅頭等が揃っています。食べたい物を買って蒸窯へ。 蓋を間違って奥に開けてしまいました(手前に開ける)。英語の説明書があります。スタッフの方が教えてくれます。全てのものが美味しかったです。

道の駅 しかべ間歇泉公園

道の駅 しかべ間歇泉公園にはお土産の他に鮮魚や干物も沢山あります。

道の駅 しかべ間歇泉公園

道の駅 しかべ間歇泉公園のバス停は行き帰り同じ場所の1か所です。道の駅から道路を渡った所にあります。行き先を間違えないように注意してください。
xix情報:3190 道の駅 しかべ間歇泉公園

鹿部神社 鹿部神社の天井絵が面白い!

鹿部神社で御朱印を頂きました!本殿を拝見させていただきました。天井一面に七福神や動物、魚等の絵が描かれており、一枚一枚見ると、不思議な絵もあって面白かったです。貴重な体験をさせていただきました。
この後、バスで函館駅へ戻ります。
xix情報:3191 鹿部稲荷神社

函館山の夜景に月の道が見れました。
函館市電 函館山ロープウェイ 函館山ロープウェイで頂上へ。

函館駅前から市電で十字街まで行き、徒歩でロープウェイ山麓駅へ。函館山ロープウェイで山頂まではたった3分です。
(パスでロープウェイが2割引きになります)

函館山の夜景

初めての函館山は満月でした。月明りが海に道を作っています。月明かりの道。大感動です!
xix情報:3033 函館山ロープウェイ

函館グルメは毛ガニを茹で上げて貰いました!
毛ガニ 函館朝市目の前の「雅家(GAYA)」で北海道グルメを満喫!

函館駅前に戻り、念願の毛ガニを食べました! 外の水槽で大きな毛ガニを選んで調理して貰いました。湯気が出るくらいホカホカの毛ガニは絶品ですね。じゃがバターにホタテ焼き、お刺身・・・大満足のお店です。
xix情報:523 函館ダイニング 雅家(GAYA)

こんなところもあります。
イカ型土製品 イカ型土製品

森町遺跡発掘調査事務所には鷲ノ木遺跡の環状列石やイカ型土製品について教えてもらいました。縄文土器にも触れる体験コーナーもありました。

湯倉神社 縁結びの神様

湯の川温泉の湯倉神社で良いご縁をお願いしてきました!おみくじの種類も沢山あり、イカ型の蝦夷みくじや英語や中国語表記のもありました。

湯倉神社 湯倉神社 xix情報:3016 湯倉神社 トラピスチヌ修道院

日本初の女子修道院はとてもキレイでした。

xix情報:3017 トラピスチヌ修道院
元町の教会群

元町の教会群を寒かったけど、回ってきました。
xix情報:3048 函館聖ヨハネ教会
xix情報:3109 カトリック元町教会
xix情報:3007 八幡坂
xix情報:3051 チャチャ登り
xix情報:3006 函館ハリストス正教会
函館市内は観光地や地元の人と触れ合う場所がたくさんあります。
これには「バスと市電が乗り放題の函館1日パス」が お得です。広域に動くなら今回のはこだて旅するパスポートがお得です。

今回の北海道の旅は、「函館市、北斗市、森町、七飯町、鹿部町の道南2市3町」をバスとJR、市電、道南いさりび鉄道を乗り放題できる、はこだて旅するパスポートで旅をしました。

パスの購入はこちらへ


▶1日間コース「北斗市散策と果樹園体験・大沼公園・峠下グルメ」はこちらへ

交通情報へ

| 北海道新幹線新駅沿線協議会 | 函館市 | 北斗市 | 七飯町 | 鹿部町 | 森町  |
JR北海道道南いさりび鉄道函館バス函館市電津軽海峡フェリー
(c) CEDARS Communications Co.,Ltd. all right reserved.  京ICP备11042309号